まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

P1哨戒機の火気管制レーダー照射問題、韓国は反論を8カ国語でユーチューブに掲載~そんなことをして大丈夫ですか

 海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国駆逐艦から火気管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国は1月4日に反論映像公開しました。

 

 韓国国防省は、その映像をユーチューブで8カ国語(韓国語、英語、日本語、中国語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語)に訳し公開すると明らかにしました。

f:id:kalubo:20190106210317p:plain

 

 国際世論に訴え、支持を取り付けたいとする意図は十分に分かりますが、正直そんなことをして大丈夫かと逆に心配になります。

 

 究極の証拠は日本が握っており、防衛機密を度外視して、レーダーを照射された事実を公開されて困るのは韓国です。

 

 普通に考えたら分かると思いますが、このように進むのは韓国政府内部の主導権争いなど、何か問題が起きているのではないかと、余計な考えを巡らします。

 

 いずれにしても、この問題に火をつけたのは日本ですので、秘密の交渉で決着させるのではなく、国民が納得できるように決着させていただきたいと思います。

f:id:kalubo:20190106210636p:plain

防衛省