まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

静かに進む韓国製品不買の動き

 今日、1カ月半ぶりに散髪に行きました。30数年通う馴染みの理髪店です。

 そこのオーナー兼店長が珍しく、

韓国の今の振る舞いは酷い。おまけに日本製品の不買運動までしている。

 

と話しかけてきました。

f:id:kalubo:20190718222521p:plain

                                    韓国不買運動「めざましテレビ」より

   店長とは磯釣りの話しが主で、時々ゴルフの話しもしますが、政治がらみの話しは30数年一度もしたことがありません。

 その店長がいきなり、韓国との問題を持ち出してきました。

 店長が言うには、

こんなに約束を破ることは信じられない。韓国には約束という言葉、約束という概念がないとしか思えない。おまけに日本製品の不買運動までしている。

と言い、さらに店のお客さんの話しにも言及し、

お客さんの中には、これから韓国人と商談するときは、まず約束を守れるか疑ってかかる。サムソンとLGの製品は絶対買わないという者が多い。

と言っていました。政治には無関心な店長がここまで言うのは信じられないことで、韓国問題がいかに隅々まで感心を持って見られているのか良く分かる出来事です。

 日本人は韓国人と違って感情に走りませんが、静かに反韓(韓国製品不買)が進んでいることを文在寅大統領は理解すべきです。

 もちろん私も、信用の置けない韓国製品は手にするつもりは有りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニトマトのグリーンカーテン栽培(2)都会のベランダ栽培にお薦め

 ミニトマトのグリーンカーテン栽培にチャレンジをしています。この栽培方法は、ある程度大きくなった段階でネットを張り、わき芽も伸ばし放題伸ばしてネットに誘引し、肥料もたっぷりあたえる栽培方法です。

 

blog.supintendent.work

  苗を植え付けて2カ月弱になりましたが、今日初収穫ができました。

f:id:kalubo:20190717221647j:plain

 

 実がたくさんなり、花芽もいっぱいついていますので、これから毎日10~20個は採れそうです。

f:id:kalubo:20190717221714j:plain

 

 脇芽を伸ばし放題にしていますので、先の方(反対側)が全く見えません。

 この方法でしたら、都会で生活している方もプランターに植えてベランダで栽培すれば目隠しにもなるし、ミニトマトも多く採れますので絶対お薦めです。

 

 今日収穫した野菜です。

f:id:kalubo:20190717222723j:plain

 

 

 

【証券会社レーティング情報】株価を大幅にねじ曲げ~規制が必要

 ネット空間でいつも話題になるのが、証券会社のレーティング情報と証券会社の自己売買部門の問題です。

証券会社がレーティングを下げたあとに、証券会社の自己売買部門が空売りを仕掛ける

というものです。

 ネット空間では、さも行っているように流れています。

 今日、いつも問題となるクレディースイス証券がレーティングを公表しました。

f:id:kalubo:20190712164356p:plain

M&A Onlineより

その内容は

◎ TOWA(6315.T)を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に格下げし、目標株価を1730円から760円
◎ フェローテック(6890.T)も「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に格下げし、目標株価を1800円から620円

 にしています。

  この公表を受け、日経平均は0.2%上昇しているにもかかわらず

 

◎ TOWA(6315.T)の株価は7.3%安(-62円)
◎ フェローテック(6890.T)は8.3%安(-75円)

 

と暴落しました。

 この公表がなければ、せいぜい下がっても2~3%です。クレディースイスによって本来あるべき株価がねじ曲げられたことになります。

 

 それも、目標株価を急激に下げすぎです。なにか意図を感じざるを得ません

 

 ネット空間で噂になっているように、自己売買部門がこれに関与して下げていたら株価操縦に当たるのではないでしょうか。

 自己売買部門の空売り比率など、証券取引等監視委員会は監視を強化していただきたい。問題があれば一定の規制もすべきです。

 

 

  

日本の輸出規制に文在寅大統領が初めて言及~本質は国内向け

 日本が韓国の徴用工判決、自衛隊機へのレーダー照射などに対抗し半導体関連部品の輸出規制をしましたが、韓国ではこれに対して日本製品の不買運動で盛り上がっています。

 こうした勢いを受け、文在寅大統領は、大統領府で開いた会議で日本の対韓輸出規制について

日本側の措置撤回と両国間の誠意ある協議を促す。日本がこれまで主張してきた自由貿易の原則に立ち戻れ。

と語っています。

f:id:kalubo:20190627185901p:plain

 日本側の度重なる協議要請を8カ月に渡って無視しておいて、今さら何をいわんかです、、、が。

 これまで無視を決めこんでいた文大統領の急変ですので、我が国政府の行った輸出規制に一定の効果があったようです。

 そのあと、

「韓国企業に実際に被害が及べば必要な対応をとらざるをえない」

と反撃するとも言っています。

 文在寅大統領は、名うての反日ですので徹底交戦を望んでいるのが本音で、国内向けに努力しているとのアピールをしたかったのだと思います。

 日本もここまで侮辱されたら、二度と騙されることはないでしょうが、次の世代のために禍根を残さないように、日本の覚悟を徹底的に示して欲しい。

 こんな国なら断交しても国民は誰も文句は言わないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムソン落日の引き金

サムソンの半導体部門であるサムソン電子の4~6月期決算が発表されました。それによると

売上高は約5兆1千億円、営業利益は約6千億円で、前年同期と比較すると売上高で約4%、営業利益で約56%減少

になっています。

 とはいうものの売上、営業利益とも依然巨額で世界一位です。主力はDRAM、SRAMです。

f:id:kalubo:20190706091135p:plain

ロイターより

 折しも、中国の清華紫光集団(Tsinghua Unigroup)が1日、DRAM製造事業への参入を発表しました。

 中国は「中国製造2025」プロジェクトを推進し、その中核をなすものとして、国産の半導体チップの製造開発を加速化しています。

 人件費が安く、補助金(アメリカとの貿易摩擦の主因)もあることから、スマホ販売のように飛躍的に拡大する可能性があり、サムソンのシェアを大幅に奪うと見込まれます。

 加えて、日本による半導体部品の輸出規制があります。

 日本の半導体部品輸出規制が長引けば、サムソン落日の引き金になり、日本の電気産業の歩んだ道をたどるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫正義が文在寅大統領と会談~何故この時期に?

 4日ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が韓国の文在寅大統領と会談をしたようです。日本政府が韓国に対する輸出規制を発表した直後にです。

f:id:kalubo:20190704171252p:plain

日経新聞より

 日経新聞は、

韓国大統領府によると、人工知能(AI)やベンチャー投資について意見を交換する。孫氏は韓国のベンチャー企業への投資計画を発表する見通しだ。

と報じています。

 孫会長は日本国籍ですが、父君が韓国出身で韓国にゆかりがあります。その関係から危機に陥っている韓国を手助けするために会談することも考えられます。そうであれば、日本に対する背信行為です。

 ただ、孫会長は機を見るに敏な人で商売にたけていますので、この機会を利用し投資案件を持ち込めば話しがスムーズにまとまるとみて、会談を設定したのではないでしょうか。

 我々凡人ではなかなか考えが及ばないところです。

 ちなみに、孫会長は大の坂本龍馬ファンで高知にもよく来ます。両者に共通しているのは抜群の行動力です。

愛犬に部屋が占領されています

 私の部屋は6畳とロフト付きです。ロフトは利用することがなく物置になっています。実質6畳で生活をしていますが、かなりのスペースを愛犬チワワに占領されています。

 昼は妻が面倒をみて、夜は私の部屋で一緒に寝ています。

 最初のころ寂しくなったらベットに上がってきていましたが、ベットは私がゆっくりできる唯一の場所ですので、上がるのを禁止にしています。

 寒いときはクローゼットの中か小さなハウスで寝ています。反対に暑いときは、窓際の座布団の上、通常は小さな箱の中でゆっくりしています。

f:id:kalubo:20190629215257j:plain

 

f:id:kalubo:20190629215339j:plain

クローゼットハウス 

私が寝坊をしたため、机の下でおしっこを1回だけされました。予防のためおしっこマットをしています。

f:id:kalubo:20190629215429j:plain

机の下のおしっこマット

朝6時と夕方6時に散歩に連れてゆき、寝る前の午後10時にはおしっこに連れて出ます。
おかげで、規則正しい生活が送れています。愛犬に感謝です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国に対する経済制裁に着手~ホワイト国から除外

産経新聞は30日、

政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。

と報じた。

  2018年の世界の半導体出荷額は、サムソンが1位、SKハイニックスが3位と、韓国勢がベスト3のうち2社を占め、半導体は文字どおり韓国の屋台骨を支えています。

f:id:kalubo:20190630210650p:plain

 規制強化するレジスト、フッ化水素は、半導体の製造に欠かせないもので、日本のシェアは50~90%です。

 これらは、大量破壊兵器、通常兵器に転用される可能性がありキャッチオール規制で、輸出する場合は経済産業省の許可が必要です。

 韓国はこれまでホワイト国の指定を受けており、輸出許可なしで輸入できていましたが、今後は経産省の輸出許可が必要になります。

 当然、韓国半導体企業は大打撃を被ります。

 政府がこの内容を公表した後、パブリックコメントにかける必要があり、実際の運用までにはもう少し時間的余裕がありますが、いよいよ韓国との経済戦争の幕開けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米中首脳会談の前に信用取引銘柄を全て売却

 28日、大阪G20会合が2日間の日程で始まりました。G20では全体会合の他個別の会合も予定されています。

 特に注目されているのは、今日29日に行われるトランプ大統領と習近平国家主席の米中首脳会談です。

f:id:kalubo:20190629070634p:plain

APより

 この会談で米中の貿易戦争が収まるか、はたまた激化するのか全く予想がつきません。

 香港紙は、アメリカの第4弾の追加制裁は6カ月の延長で合意されるとの観測報道を出しています。

 しかし、金正恩委員長との米朝首脳会談でも分かるようにトランプ大統領の行動は全く予測がつきません。

会談する以上は、多分何らかの合意がなされるでしょうが、貿易摩擦が解消される合意は、これまでの経過から不可能だと思います。加えて、107円台に円高が進行しています。

  そのようなことから、

・ 合意があっても大きく上がることはない

・ 下げる時は大きく下げる

と判断して、米中首脳会談前に信用取引で保有していた7銘柄を全て売却しました。

さてどうでしょうか。? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改正児童虐待防止法(親の体罰禁止)の3つの問題点

 先日の通常国会で改正児童虐待防止法が成立しました。親による体罰を禁止する内容で来年4月から施行されます。

f:id:kalubo:20190628143649p:plain

 罰則はなく義務化されるとのことです。この法律にはいくつかの問題点があります。徹底的に審議されたのか疑問です。

法律は家庭に入らずが原則

 法律にはいくつかの原則があります。その中の一つに法律は家庭に入らずというものがあります。家庭内の問題については法が関与せず自治的解決にゆだねるべきであるとの考え方です。

  その例として、親族間の窃盗(親族相盗例)などがあり、近親者の場合は刑が免除されます。

  今回の改正虐待防止法は、この原則を逸脱しています。

善良な親が萎縮するだけ

  今回の改正法では、親の体罰禁止を義務化するようですが、これまでの虐待の事例を見ると、子供を虐待し問題となった親は義務なんか守るような人間ではなく、義務化しても何の効果もありません。

  かえって、善良な親を萎縮させることになります。義務を守らない者に守らせるのが目的のはずです。

  世論調査でも4分の3の人が、しつけのための体罰は必要と答えています。

子供の命を守るのが親のつとめ

  古い話になりますが、道路に面したアパートに住んでいたとき、長女(3歳)が確認もせず道路に飛び出したことがあります。

  その時は幸いにも車が走っていなくてことなきを得ましたが、その時妻は飛び出したことを注意しながら長女の腰を何度もたたいていました。その時、妻の目には涙が浮かんでいました。てきるならたたきたくなかったのでしょう。おそらくたたかれる長女より妻が痛かったと思います。

  愛するあまりの行為で、それ以来長女は道路に出るときは注意をするようになりました。

  評論家の中には、それでもたたかないで教える方法があるというでしょう。しかし子供の命を守るのが親のつとめです。

  体罰禁止を義務化すると、本当に子供を愛する親を束縛することになりはしないでしょうか。

おわりに

  千葉県野田市での児童虐待死事件では、教育委員会が親に脅されて、心愛ちゃんが虐待を訴えた学校へのアンケートを見せるというとんでもないことをしています。

 

blog.supintendent.work

 

  児童相談所もしかりです。夜事案を把握しても警察に任せて対処しないなど行政に大きな問題があります。

  聞くところによると、児童相談所に配置される職員は、責任感のないあまり優秀でない職員が配置されるとのとです。

  親を縛るより、まず行政機関の監督強化を図るのが重要ではないでしょうか。