まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

高知新港に大型クルーズ船が2隻同時入港

 今日、高知新港に大型クルーズ船2隻が同時入港しました。2隻同時入港は4月17日(セレブリティ・ミレニアム、ウエステルダム)以来です。

 

今回入港したのは、ダイヤモンドプリンセス

総トン数:115,875 トン、全長:290.0メートル、全幅:37.5メートル、高さ:54.0メートル、定員2,706名、クルー: 1,100人 

f:id:kalubo:20190818100341j:plain

ダイヤモンドプリンセス(高知新港5万トンバース)

と マースダム

総トン数:55,451トン、全長:219.5m、全幅:30.8m、船客定員:1,258名、クルー:557名

 

f:id:kalubo:20190818100500j:plain

マースダム(高知新港3万トンバース)

の2隻です。マースダムは今回が初入港になります。

 

f:id:kalubo:20190818100902j:plain

ドローン(マビックエアー)で撮影

 ダイヤモンドプリンセスは、115,875 トンですのでさすがに大きい。マースダムは白黒基調の上品な船でした。

 

 両船の入港セレモニーも同時に行っていましたが、分散されて少し迫力に欠けていました。

 

 両船合わせて4,000名近くの乗客になりますので、送迎用のバスは高知市内だけでは足りず、県下から集めています。

 

 本年度、高知県へのクルーズ船の入港は34回予定されおり、大きな経済効果が見込まれます。

 

 ダイヤモンドプリンセスは高知新港を出発後は韓国の釜山、マースダムは金沢に向かうそうです。

  無事の航海をお祈りします。

  

 

 

猛暑のテニスは不健康か

 今日、全国の最高気温は軒並み35度を越え猛暑日地点が続出しています。高知市でも33度に達しました。

 そうした中、午後3時から午後6時までの3時間テニスをしました。メンバーは最高齢が73歳、最低年齢が55歳で平均67歳のメンバー6人です。

 この暑さですので普段満杯のテニスコートですが、人影はありません。

 

f:id:kalubo:20190817205657j:plain

二人だけでした

 午後3時の気温は33度、日の当たる場所は35度に達していました。

 日陰でも熱中症のおそれがあるというのにテニスです。それも決して若くはありません。

 

 メンバーの一人はテニスは「薬」とも言います。果たして、この暑さの中のテニスが「薬」になるのでしょうか。

 メンバーに聞いてみると、

・テニスをしたら夜がよく眠れる
・食事が美味しく夏バテしない
・言いたいことが遠慮なく言えストレス解消になる

 ので暑くてもテニスをするとのことでした。

 

 この暑さの中のテニスですので、水分は2リットル、首には冷感スカーフ、コールドスプレー、UV日傘を持っています。女性は完全防護です。

f:id:kalubo:20190817210208j:plain

女性は完全防護

 知り合いの医師からは

かえって身体に悪い。年齢を考え無茶をするな

と言われますが、準備さえ整えておけば必ずしも身体に悪いとは思えません

 

 こうした暑さの中でもテニスができるのは、30数年続けているので身体も自然と対応できているのではないでしょうか。

 

 決して救急車だけにはお世話にならないように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

四国の水瓶早明浦ダムが大放水~台風10号で満水

 早明浦ダム(さめうら)は、高知県本山町と土佐町にまたがる吉野川上流部に建設されたダムです。

 独立行政法人水資源機構が管理する多目的ダムで、重力式コンクリート型式、高さは106.0メートル、堤長は400メートル、総貯水容量は3億1600万立方メートルの巨大ダムで総貯水量は四国ナンバーワンで全国でも10位です。

 このダムは治水、利水などの目的がありますが、主に香川県(高松砂漠などといわれた)の水不足のために建設されたものです。

 そのため「四国の命」とか「四国の水瓶」などとよばれています。

 四国4県の利水配分率は、

徳島県48%(下流にあたる)、香川県29%、愛媛県19%、地元高知県はわずか4%

です。 川が汚くなるだけで高知県にはほとんどメリットがありません。

 そのダムが台風10号の影響で貯水率が100%を上回り、放水を始めました。落差100メートル近くありものすごい迫力です。

f:id:kalubo:20190815203202j:plain

全水門を開き放水

 雨が小降りでしたのでダムの上からおそるおそる撮影しました。吸い込まれそうでした。迫力満点。

f:id:kalubo:20190815203334j:plain


ゲートから水が流れ出るのを撮影しました。

f:id:kalubo:20190815204142j:plain

ダム湖は満水状態。

f:id:kalubo:20190815204438j:plain

放水の動画です。

 

www.youtube.com

 

台風10号大接近

 台風10号はこのまま進めば、高知県宿毛市若しくは愛媛県宇和島市付近に上陸しそうです。

f:id:kalubo:20190814195813p:plain

午後7時現在の台風10号(気象庁)

 久しぶりの大型台風の接近で海上は大荒れです。このような高波を見るのは何年ぶりでしょうか。

 桂浜の西側では香川県からきたカップルがイスを置いてじっくり眺めていました。瀬戸内海では見られない光景なのでしょう、小雨が降っても見続けていました。

f:id:kalubo:20190814201726p:plain

香川の方が海を眺めていました
◎午後5時30分、高知市桂浜の現況(天候雨時々曇り、気温27.6度、南西の風25.3メートル)

f:id:kalubo:20190814202754j:plain

風速25.3メートル(風が強くきれいに撮影できませんでした)

 高知県では引き続き波浪警報が発令中で波高は10メートルです。桂浜の竜王崎は波しぶきで霞んでいました。

f:id:kalubo:20190814203015j:plain

桂浜竜王崎を西側から撮影

 波が高く堤防を越していましたので、桂浜花街道は通行止めになっていました。こんなことも久しぶりです。

 大きな台風であることが実感できます。

f:id:kalubo:20190814203525j:plain

堤防越波のため通行止め(桂浜花街道)


 

 

 

 

【台風10号】晴天なのに波7メートル~波浪警報

  2年ぶりに超大型に発達した台風10号は、四国のはるか南沖海上を北上中です。

 このまま北上を続けると、高知県足摺岬周辺に上陸する可能性が強くなっています。  久しぶりの本格的台風の接近です。

f:id:kalubo:20190813203323p:plain

18:30 気象庁発表

           

f:id:kalubo:20190813203447p:plain

出所:気象庁

 仮に、足摺半島に上陸しても暴風圏には九州から近畿地方まで入りそうです。

    

◉ 8月13日午後4時30分、高知県安芸市琴ヶ浜の現況(天候晴れ、気温32度、南の風2.3メートル微風)

 高知県では波浪警報が発令されています。波高は7メートルです。

風がなく晴れているのに大きな波が打ち寄せるのは大型台風の特徴です。

何か不思議な感じがします。

 晴れた日の大波は瀬戸内海、日本海では見られません。

f:id:kalubo:20190813204033j:plain

午後4時30分 安芸市琴ヶ浜

f:id:kalubo:20190813204142j:plain

風はほとんどありません


 

 

 

 

 

 

 

(赤野休憩所より撮影)

 

 

 

 

ナスの切り戻しで秋ナス収穫

    今年は梅雨時期に雨が多くカタツムリ、虫が異常発生しナスがほとんど獲れませんでした。

 

 やっと最近の猛暑でカタツムリがいなくなり葉が育つようになって、数個のナスを収穫したのですが、今度はあまりの暑さでナスの花が咲かなくなり穫れなくなったので、秋ナスを穫るため[切り戻し」をしました。

 

 スーパーで売られている「千両」は弱剪定で、「白ナス」は勢いがありましたので強剪定にしました。

 下の写真が剪定前の千両です。その下の写真が弱剪定した千両です。茎が細かったので弱剪定にすることにしました。

f:id:kalubo:20190812180130j:plain

剪定前

f:id:kalubo:20190812180230j:plain

剪定後

 下の写真は白ナスの剪定前です。カタツムリの被害が少なかったので葉が茂り、茎も大きく育っていたことから、こちらは強剪定にしました。

f:id:kalubo:20190812180318j:plain

剪定前

f:id:kalubo:20190812180408j:plain

剪定後

 剪定の後、古い根を切り新しい根を育てるため、茎元から20㎝のところにスコップを差し入れ周囲の根切りをしました。

f:id:kalubo:20190812180449j:plain

ナスの根切り

 スコップを差し入れ、穴が空いたところに肥料(鶏糞ペレット)を入れます。ナスの全周に入れますので相当の量の肥料が入ります。

f:id:kalubo:20190812180531j:plain

肥料を2握り投入

 これで秋ナスを穫る準備が完了です。およそ1ヶ月で秋ナスが穫れるようになるはずです。

 剪定した後、バッタが飛んできて葉にとまりました。害虫も含めいろんな昆虫が見られるのも無農薬栽培のおもしろいところです。

f:id:kalubo:20190812180633j:plain

剪定した後にバッタが飛んできました

 

【よさこい祭り】外国人チームはわずか2日間の全体練習で参加

 今年のよさこい祭りには、外国、全国から207チームが出場し、明日9日の前夜祭から12日の全国大会までの4日間高知市内で行われ、踊り子は猛暑の中市内を乱舞します。

 出場チームは、通常この日のため5月ごろから猛練習を重ね準備をし本番に臨みます。

 今回出場する外国人チームの「絆国際チーム」

18の国、地域 87人で構成

しているので、国内チームのように全体練習ができません。

 

 そのため、インターネットを通じた動画でそれぞれ国で個人個人が練習し、大会直前に高知に集まり、わずか2日間の全体練習で祭りに参加します。

f:id:kalubo:20190808151940p:plain

外国チームの全体練習(kizuna international teamツイッターより)

 18カ国の国、地域の方ですので、しゃべる言葉も違い意思の疎通が大変なようですが、いざ踊りとなれば不思議とリズム、踊りが合うそうです。 

 

 チームの代表は田中恵美子さんで、愛知県名古屋市出身、現在はカナダ・トロント市で日本語学校を経営されている方です。

 

 それにしても18カ国の国、地域の方を集めまとめるとはすごい方ですね。美人ですし。

f:id:kalubo:20190808155430p:plain

代表の田中恵美子さんと本番の衣装

 本番では賞をとれるように頑張ってください。応援をしています。

 

 

ストレッチで按摩回数が減りました

 年齢(現在66歳)を重ねるとどうしても身体が硬くなり疲労回復も遅くなります。特に運動したあとの疲労の回復は、若かったときに比べ極端に遅くなります。

 

 毎週土曜日にテニスを3時間していますが、2日間は疲れがとれません。3日目からなんとか元にもどります。

 ただそれだけではすみません。筋肉が固まり血行が悪くなるのだと思いますが、肩、首が張り2週間に1度按摩に通っています。

    妻からは

それでは運動する意味がない

と言われ肩身の狭い思いをしつつ、それでも毎週テニスをしています。

 

    主治医(従兄弟)にそのことを話すと、年を考え無理をしないように言われ、運動後のストレッチが有効であることを教えてもらいました。

f:id:kalubo:20190807192807p:plain

日経goodayより

    それから、テニスが終わったあとは必ず、肩まわり、腕、腰、アキレス腱のストレッチを10分間するようにしています。

    その効果は抜群で、1日で疲れがとれ月曜日からは普通に仕事に行けるようになりました。

 

     按摩のお世話になることもなくなりました。年をとるとストレッチが最高です。

 

    最近はストレッチにはまり、寝る前もストレッチをしていますが、寝つきも早くよく眠れます。

    年をとっても工夫をすれば生きる道はありそうです。

 

 

    

令和甲子園大会初安打が凄い

 今日、第101回全国高校野球選手権大会が甲子園球場で開幕しました。

令和元年に行われる大会が101回大会

というのも何か縁を感じます。

 その大会の記念すべき初戦、八戸学院光星(青森)と初出場の誉(愛知)の試合で記念すべき出来事がありました。

 1回の表、3四死球で2死満塁のチャンスで、6番・下山昂大三塁手(3年)が左翼に先取点となる大会第1号の満塁ホームランを放ちました。

f:id:kalubo:20190806143644p:plain

満塁ホームランを放つ下山選手(日刊スポーツより)

 令和甲子園の初安打が

初本塁打、初打点、初満塁ホームランという、まさに初ずくしのホームラン

です。

 おまけにこのホームランが夏の甲子園大会の50本目の満塁ホームランだそうです。(日刊スポーツ)

 まさに、令和元年の甲子園大会にふさわしい記念づくしになりました。八戸学院光星の下山昂大選手は永遠に語り継がれるでしょう。

 

 私の地元、高知県からは明徳高校が甲子園に出場しています。こちらはレギュラーに高知県出身者が一人もいなく、監督も県外出身の方ですので今ひとつ応援に力が入りません。

 八戸学院光星は巨人の坂本選手の出身校で全国から選手が集まっているようですが、青森県出身者はいるのでしょうか。

 

韓国のGSOMIA(軍事情報保護協定)破棄は「天に唾する」行為

 韓国国防部は本日の定例記者会見で、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)について、

われわれに対して信頼の欠如や安保問題を提起する国と敏感な軍事情報の交流を続けることが正しいのか検討している(韓国聯合ニュース)

とホワイト国除外の対抗として、協定を延長することに否定的な立場を明らかにしました。

 

f:id:kalubo:20190805144428p:plain

韓国国防部

 GSOMIAは、1年ごとに自動更新されることとなっており、終了させる場合は更新期限の90日前(8月24日)までに相手国へ通告する必要があります。

 

 日韓が対立している折、北朝鮮は7月25日、31日、8月2日のわずか9日間に3回短距離ミサイルを発射しました。

 

 特に7月25日の発射の際には、

ミサイルの飛行距離についての韓国国防部の説明が二転三転し、最終的には日本からの情報を元にミサイルの飛行距離を確定した

と伝えられています。

 

 また、日本は偵察衛星(情報収集衛星)を5機保有しています。これに対して韓国は1機も保有していません。

 

 このような状況の中でGSOMIAを破棄すれば誰が損をするのか、小学生でもわかることです。

 正に「天に唾する」行為で、こんなこともわからないのでしょうか。