まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

【消費税増税】半分は借金返済、増税間近になり株価は大幅上昇。今後の行方は

 いよいよ10月1日0時から消費税がアップします。9月30日にホテルに宿泊しても「サービスの全部を完了した日」の10月1日から増税された消費税が徴収されます。

 増税は景気にマイナスと見込まれていましたが、これに反し最近の株価は大幅に上昇しています。

増税の半分は借金返済

 今回の増税の目的は、平成25年に成立した「社会保障と税の一体改革」に基づき社会保障4経費(年金、医療、介護、子育て)を充実させることとされています。

 この目的をみたら素晴らしく見えますが、実は増税の半分が借金返済です。

 今回の増税により5.6兆円の増収が見込まれています。その半分の2.8兆円が国債(借金)の返済にあてられます。

 残りの半分の1.7兆円を少子化対策など人づくり革命と1.1兆円を社会保障の充実などにあてます。

f:id:kalubo:20190910151934p:plain

出所:jiji.com

少子化対策で消費は少し喚起

    今回の消費税増税の使途では、この少子化(人づくり革命)対策がメインです。一昨年秋に安倍総理が突然打ち出し驚きました。

具体的には、

● 幼稚園、認定保育園に通う3歳~5歳児の全世帯                                低所得者(住民税非課税世帯)の0歳~2歳児が無償
● 認可外のベビーホテル、ベビーシッターの施設 は
 3歳~5歳までは月額37,000円まで無償
 0歳~2歳までは月額42,000円まで無償
● 幼稚園の預かり保育は、月額11,300円まで無償

 

となります。

 さらに、高等教育の無償化では、低所得者を対象に大学、専門学校の学費、入学金が免除になります。

 これによって子育て世代の消費は喚起されると思います。

景気に影響ないとみて株価は大幅上昇

 前回の消費税増税の際には、駆け込み需要が起きて消費税増税後は消費が極端に落ち込み、景気の下降要因になり株価も下落しました。

 今回はその経験を生かし、増税後の消費を落ち込ませない各種対策をとっています。

 それを評価、景気は落ち込まないとみて最近の株価は大幅に上昇しています。

今後の見通し

 これまで株価は、増税による景気悪化を先取りし、PER12倍台、PBRは1.03倍まで売られていました。

 これはいくらなんでも下げ過ぎであり、米中次官級協議が行われたことを機会に、買い戻しが進んだものと思われます。

 私の持ち株も9月に入り10%上昇しました。

 アナリストの中には、日経平均株価が一気に2万3500円まで行くと強気の見方をする人もいますが、ここは一旦小休止し10月の米中閣僚協議の行方を待つのではないでしょうか。