まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

きくち健康体操、84歳の菊地和子先生に驚き~あの若さを見たら誰でも興味が湧く

 先日、テレビをつけたら偶然健康体操の番組が放映されていました。


 昨今の健康ブームで色んな体操がテレビで紹介されていますので、いつものことかと 気にも止めていなかったのですが、講師の先生が登場し、84歳と紹介されたことで興味を持ち見てみました。

 その講師が菊地和子先生で、きくち健康体操を主宰しているとのことでした。


 見た目も60歳代にしか見えず、動きも柔軟性も40歳代のようです。また、口調も若く感じられますし、なりよりも、


  「自分の身体なのだから、使わなかったら損ですよ。長く使えるように頑張らなくちゃ」

         
という言葉が印象に残っています。

f:id:kalubo:20181229110755p:plain

きくち体操

 よく考えてみると、若いときと比べたら横になることが多くなり、身体を使うことが少なくなっています。

 きくち体操がどのくらい効果があるのか分かりませんが、身体を動かすことがいかに大切であるかを痛感しました。


 84歳になれば、その年を自己解釈して老人になりきっている方が大半です。菊池先生のように物事を前向きに考え、人生を生きられれば最高だと思います。


 菊池先生を手本に、まだまだやれると頑張りたいと思います。

f:id:kalubo:20181229111313p:plain

菊池先生。84歳