チャレンジ70

気分は40

【スパムの内容を公開】どのようなスパムがあるか

 現代社会において、個人・法人ともにEメールは欠かせない存在になっています。これに伴って悪質な者が、スパムを送り付けてくることが頻繁に起きています。

 発出元が国内だけなら対処がしやすいと思いますが、中国をはじめ欧米などグローバルに展開されているため、発出元を特定できないのが現状のようです。

 

 先日私に送られてきた18件の全てのメールがスパムでした。同じメールアドレスを20年以上使用しているからでしょうか、最近特に酷くなっているように感じます。

 

 私宛てのスパムは圧倒的にクレジットカード関係が多く、次に銀行関係、アマゾン関係が続いています。

クレジットカード関係のスパム

クレジットカード関係では、イオンクレジットサービス株式会社を騙るものが最も多く今年に入り約300件送られてきています。

 



次に多いのは三井住友カードを騙るものです。

 


 この他に、UCカード、エポスカード株式会社、エムアイカード、セゾンカード、EPOSCARD、トヨタファイナンス株式会社、pocketカード株式会社、楽天カード株式会社を騙るものがあります。

カード関係のメールの内容は

〇 カードご利用確認

〇 情報を更新してください

〇 会員 緊急のご連絡

〇 重要なお知らせ

〇 ご請求予定金額のご案内

〇 カード利用のお知らせ(本人ご利用分)

〇 情報の有効期限が切れアカウントの使用が停止されました

〇 緊急の連絡 [メールコード CA6482052]

〇 入金のご連絡(カード情報)

〇 事務局からのお知らせ

 

銀行関係のスパム

 銀行関係で最も多いのはソニー銀行関係で、続いて三井住友銀行、三菱UFJを騙るものとなっています。

 

この他には、PayPay銀行、SBJ銀行を騙るものがあります。

メールの内容は

〇 ご利用確認のお願い 顧客番号:831837

〇 お取引目的の確認

〇 取引を規制いたしました 受け付け番号:13035731

〇 重要なお知らせ

 

その他のスパム

 クレジットカード、銀行関係以外で多いのは、Amazon、ヤマト運輸株式会社、東京ディズニーランド、eki-net、ETC利用照会サービス、Appleを騙るものがあります。

 

 

メールの内容は、

〇 解約予告のお知らせ                           〇 アカウントのセキュリティの問題メール1391779880907236                 〇 会員情報変更および退会に関するお知らせ                 〇 アカウントの自動退会処理について                    〇 Disneyアカウントの確認に必要な情報                    〇 最新のディズニー体験をお届けします   などです。        
 

明らかにスパムとわかるもの

 スパムは年々巧妙になっていてますが、一見してスパムとわかるものもあります。

 

上記は発信元を見ればすぐにわかります。この下は日本語になっていません。もう少し勉強するべきです。

 

 

 このように、スパムも年々変化して巧妙になっています。しかし、取引関係のない銀行からのメールや注文していない物の配達に関するものなど、よく見ればスパムとわかるものがほとんどですので、むやみにメールを開かないことが大切だと思います。