まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

台風19号(ハギビス)は伊勢湾台風を上回る史上最強クラス【最新進路】

 6日(日)、トラック諸島近海で台風19号が発生しました。7日午前3時の時点では、中心気圧は975hp、最大瞬間風速は50m/sです。今後も急速に発達する見込みです。

気象庁の予想

 気象庁は、

7日(月)午後3時には中心気圧が955hp 、最大瞬間風速は60m/s
8日(火)午前3時には935hp、最大瞬間風速は70m/s
9日(水)午前3時には915hp、最大瞬間風速は75m/s

と猛烈な台風に発達するとしています。

過去の気圧の低い台風

 中心気圧915hpは史上最強クラスの台風になります。

 気象庁が統計を取り始めた1951年からの最高は、

1961年の第二室戸台風で上陸時の中心気圧は925hpです。次は
1959年の伊勢湾台風で上陸時の中心気圧は929hpです。

 ちなみに、統計を取り始める前の参考記録として、

1934年の室戸台風、911.6hp

1945年の枕崎台風、916.1hp

の記録があります。

 台風19号は915hpの予想ですので、文字どおり史上最強クラスの台風です。

台風の進路

 この台風の進路はまだはっきりしませんが、日本に接近又は上陸する可能性が大きくなっています。気象庁、JTWC(米軍合同台風情報センター)の予想はほぼ同じです。

f:id:kalubo:20191007042020p:plain

気象庁の予想図

 

f:id:kalubo:20191007042110p:plain

JTWC(米軍合同台風情報センター)の予想図

過去の猛烈台風の人的被害

 第二室戸台風では死者、行方不明者合わせて202人、伊勢湾台風では死者、行方不明者5,098人を出しています。

 台風19号も上陸すれば大きな被害が予想されますので、今後の台風の進路については最大の関心が必要です。