まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

高高度のドローン飛行の注意点~航空法の規制は最低限の規制

 DJIマビックエアーでドローン撮影をしています。上空からの撮影は地上撮影と違って新しい発見ができますし、写した写真を見て感動もします。

 

f:id:kalubo:20191005072416j:plain

                                         高度50メートルで撮影

200グラム以上のドローンの飛行には航空法の規制があります。詳しくは下記記事参照。

 blog.supintendent.work

 

 この中で注意すべきことは、ドローンを飛行させるためには、

人や住宅、車など物から30メートル以上離さなければならない

という規制です。

 

 地上20~30メートルの高度を飛ばすのには何の問題もありませんが、飛行高度の法的限界である150メートルを飛ばしていると機体がほとんど見えません。30メートル離れているかどうか確認のしようもありません。

 

 仮に地上で人から30メートル離して飛行を開始して、150メートルまで上昇させた場合、風などの影響を受けその時の距離は30メートルとは限りません。

 

 ドローンのGPSはかなり正確ですので、30メートルを維持していたとしても、150メートルの高度でモーターが停止し落下を始めた場合、風の影響で30メートルは楽に流されます。

 

 ドローン(マビックエアー)の機体重量は430gですので、人の頭に当たれば即死のレベルです。

 

 私も高高度を飛行させている時に機体を見失い、不安に陥ったことがこれまでに何度かあります。(オートリターンを操作すれば、自動で元の場所にもどります。)

 

 航空法の規定はあくまで最低限の規制ですので、ドローンを高高度で飛行させる場合は、最悪の事態を考えて

人、物から50メートル以上離して飛行

させるのがベストです。

 

ドローンは、まず安全第一で楽しみましょう。