まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

高知新港に大型クルーズ船が2隻同時入港

 今日、高知新港に大型クルーズ船2隻が同時入港しました。2隻同時入港は4月17日(セレブリティ・ミレニアム、ウエステルダム)以来です。

 

今回入港したのは、ダイヤモンドプリンセス

総トン数:115,875 トン、全長:290.0メートル、全幅:37.5メートル、高さ:54.0メートル、定員2,706名、クルー: 1,100人 

f:id:kalubo:20190818100341j:plain

ダイヤモンドプリンセス(高知新港5万トンバース)

と マースダム

総トン数:55,451トン、全長:219.5m、全幅:30.8m、船客定員:1,258名、クルー:557名

 

f:id:kalubo:20190818100500j:plain

マースダム(高知新港3万トンバース)

の2隻です。マースダムは今回が初入港になります。

 

f:id:kalubo:20190818100902j:plain

ドローン(マビックエアー)で撮影

 ダイヤモンドプリンセスは、115,875 トンですのでさすがに大きい。マースダムは白黒基調の上品な船でした。

 

 両船の入港セレモニーも同時に行っていましたが、分散されて少し迫力に欠けていました。

 

 両船合わせて4,000名近くの乗客になりますので、送迎用のバスは高知市内だけでは足りず、県下から集めています。

 

 本年度、高知県へのクルーズ船の入港は34回予定されおり、大きな経済効果が見込まれます。

 

 ダイヤモンドプリンセスは高知新港を出発後は韓国の釜山、マースダムは金沢に向かうそうです。

  無事の航海をお祈りします。