まだまだやれる65

気分は30代🔰シニア雑感(高知市在住)

【よさこい祭り】外国人チームはわずか2日間の全体練習で参加

 今年のよさこい祭りには、外国、全国から207チームが出場し、明日9日の前夜祭から12日の全国大会までの4日間高知市内で行われ、踊り子は猛暑の中市内を乱舞します。

 出場チームは、通常この日のため5月ごろから猛練習を重ね準備をし本番に臨みます。

 今回出場する外国人チームの「絆国際チーム」

18の国、地域 87人で構成

しているので、国内チームのように全体練習ができません。

 

 そのため、インターネットを通じた動画でそれぞれ国で個人個人が練習し、大会直前に高知に集まり、わずか2日間の全体練習で祭りに参加します。

f:id:kalubo:20190808151940p:plain

外国チームの全体練習(kizuna international teamツイッターより)

 18カ国の国、地域の方ですので、しゃべる言葉も違い意思の疎通が大変なようですが、いざ踊りとなれば不思議とリズム、踊りが合うそうです。 

 

 チームの代表は田中恵美子さんで、愛知県名古屋市出身、現在はカナダ・トロント市で日本語学校を経営されている方です。

 

 それにしても18カ国の国、地域の方を集めまとめるとはすごい方ですね。美人ですし。

f:id:kalubo:20190808155430p:plain

代表の田中恵美子さんと本番の衣装

 本番では賞をとれるように頑張ってください。応援をしています。

 

 

ストレッチで按摩回数が減りました

 年齢(現在66歳)を重ねるとどうしても身体が硬くなり疲労回復も遅くなります。特に運動したあとの疲労の回復は、若かったときに比べ極端に遅くなります。

 

 毎週土曜日にテニスを3時間していますが、2日間は疲れがとれません。3日目からなんとか元にもどります。

 ただそれだけではすみません。筋肉が固まり血行が悪くなるのだと思いますが、肩、首が張り2週間に1度按摩に通っています。

    妻からは

それでは運動する意味がない

と言われ肩身の狭い思いをしつつ、それでも毎週テニスをしています。

 

    主治医(従兄弟)にそのことを話すと、年を考え無理をしないように言われ、運動後のストレッチが有効であることを教えてもらいました。

f:id:kalubo:20190807192807p:plain

日経goodayより

    それから、テニスが終わったあとは必ず、肩まわり、腕、腰、アキレス腱のストレッチを10分間するようにしています。

    その効果は抜群で、1日で疲れがとれ月曜日からは普通に仕事に行けるようになりました。

 

     按摩のお世話になることもなくなりました。年をとるとストレッチが最高です。

 

    最近はストレッチにはまり、寝る前もストレッチをしていますが、寝つきも早くよく眠れます。

    年をとっても工夫をすれば生きる道はありそうです。

 

 

    

令和甲子園大会初安打が凄い

 今日、第101回全国高校野球選手権大会が甲子園球場で開幕しました。

令和元年に行われる大会が101回大会

というのも何か縁を感じます。

 その大会の記念すべき初戦、八戸学院光星(青森)と初出場の誉(愛知)の試合で記念すべき出来事がありました。

 1回の表、3四死球で2死満塁のチャンスで、6番・下山昂大三塁手(3年)が左翼に先取点となる大会第1号の満塁ホームランを放ちました。

f:id:kalubo:20190806143644p:plain

満塁ホームランを放つ下山選手(日刊スポーツより)

 令和甲子園の初安打が

初本塁打、初打点、初満塁ホームランという、まさに初ずくしのホームラン

です。

 おまけにこのホームランが夏の甲子園大会の50本目の満塁ホームランだそうです。(日刊スポーツ)

 まさに、令和元年の甲子園大会にふさわしい記念づくしになりました。八戸学院光星の下山昂大選手は永遠に語り継がれるでしょう。

 

 私の地元、高知県からは明徳高校が甲子園に出場しています。こちらはレギュラーに高知県出身者が一人もいなく、監督も県外出身の方ですので今ひとつ応援に力が入りません。

 八戸学院光星は巨人の坂本選手の出身校で全国から選手が集まっているようですが、青森県出身者はいるのでしょうか。

 

韓国のGSOMIA(軍事情報保護協定)破棄は「天に唾する」行為

 韓国国防部は本日の定例記者会見で、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)について、

われわれに対して信頼の欠如や安保問題を提起する国と敏感な軍事情報の交流を続けることが正しいのか検討している(韓国聯合ニュース)

とホワイト国除外の対抗として、協定を延長することに否定的な立場を明らかにしました。

 

f:id:kalubo:20190805144428p:plain

韓国国防部

 GSOMIAは、1年ごとに自動更新されることとなっており、終了させる場合は更新期限の90日前(8月24日)までに相手国へ通告する必要があります。

 

 日韓が対立している折、北朝鮮は7月25日、31日、8月2日のわずか9日間に3回短距離ミサイルを発射しました。

 

 特に7月25日の発射の際には、

ミサイルの飛行距離についての韓国国防部の説明が二転三転し、最終的には日本からの情報を元にミサイルの飛行距離を確定した

と伝えられています。

 

 また、日本は偵察衛星(情報収集衛星)を5機保有しています。これに対して韓国は1機も保有していません。

 

 このような状況の中でGSOMIAを破棄すれば誰が損をするのか、小学生でもわかることです。

 正に「天に唾する」行為で、こんなこともわからないのでしょうか。

 

 

 

「恥」という概念がない韓国人

 すべてとは言いませんが、韓国人は自分の考えが通らなかったら、辺り構わずわめき散らし、手がつけられなくなります。

 

 ニュースで、自分の意に反した高齢の女性が泣き叫び、わめき散らし錯乱している場面が映像で流れるのを何度も見ましたし、自分の意に反した男が抗議で焼身自殺を図つたニュースを見たこともあります。

f:id:kalubo:20190804091817p:plain

出所:AFP

 

感情が激しく、とにかく自分中心で他人のことはお構い無しで「恥」がない

のが国民性のようです。

 

 ここまで書くと、新大久保駅でホームから転落した男性を救出しようとして亡くなった韓国人留学生とそのご家族に失礼になりますが、日本人ほど「恥」を重んじる人が少ないのは確かです。

 

 著名な学者の解説では、韓国人は正義を重んじる国民性で、なりよりも正義が優先するそうです。

 今回の慰安婦合意破棄、日韓請求権協定破棄(正式には破棄ではない)は、文在寅大統領が

被害者の意向が反映されていない合意で、正義ではない

ので見直すという理屈で行動しています。

 

 このような身勝手な正義は国際社会では通用するはずもなく、国際裁判所、WTO に提訴されても日本に有利なことは間違いありません。

 

 今回の慰安婦合意破棄、日韓請求権協定破棄も国対国の約束を破る国際法違反ですので韓国の「恥」です。おまけにその対抗措置をとられると、理性を失いわめき散らします。日本人までとは言いませんがもう少し「恥」を知るべきです。今のままでは国際社会からものけものにされるでしょう。

 

 いずれにしても、今回日本政府のとったホワイト国からの除外は適切な対応で、

「(日本は)盗人たけだけしい」(文在寅大統領、文喜相国会議長が発言)

という言葉を二度と使わさないように、一度行くところまで行くべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高知平野の早場米収穫が最盛期

 台風8号が高知県に接近するおそれがあり、平野部では早場米の収穫が最盛期をむかえました。

 高知県では温暖な気候を利用して早場米の栽培が盛んに行われています。一般的に新米の方が美味しく商品性が高い(高く売れる)ため他県より早く収穫しています。

 一昔前までは二期作が行われていましたが、減反政策もあって最近では行われなくなりました。

f:id:kalubo:20190803105014j:plain

 米の味は温暖なため、寒い地方の米にはかないませんが、その代わりに1~2カ月早く出荷できるので味の問題をカバーしています。

 高知県でも嶺北地方、高南台地の四万十町の山間部では寒暖差が大きく美味しい米がとれ、「にこまる」「十和錦」などの銘柄が全国品評会で上位にランクされています。

 この地方の収穫は9月末から10月初めです。

 私は「十和錦」という銘柄を、四万十町の農家と毎年購入する契約を結んでいますので、収穫する前には必ず連絡があります。

 美味しい米が食べれるのは、もう少しの辛抱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有給休暇でよさこい祭り

 高知では毎年8月9日~12日の間、よさこい祭りが行われます。この間100万人の人出でにぎわいます。

f:id:kalubo:20190801164213p:plain

             (産経フォトより)

 当社従業員にもよさこい祭りの踊り練習のため、6月から勤務時間を短縮して熱心に練習に励んでいる者もいます。

 8月に入り、この練習に参加している2名の従業員から祭り参加のため有給休暇取得申請がありました。


 一人は衣装合わせなど準備のため、祭りの前日から5日間。もう一人は前々日から盆休みも入れて9日間です。

 勤務時間を短縮して練習に参加していた時から覚悟をしていましたが、いざ有休の申請が出て従業員のやり繰りが心配になっています。

 高知も連日猛暑が続いており、祭りの当日も35度前後が予想され、路上での踊りはおそらく40~45度になると思われます。

 それでも踊りたい、仕事を投げ打ってでも踊りたいというのは我々世代には理解できませんが、若者

 

よさこいを踊ると「ハジケル」

 

ことができると言います。若者の持つエネルギーの発散と普段の鬱憤を晴らせるのが魅力のようです。

 今は人不足で困っていますが、よさこいが終われば職を求める若者が増えるので楽しみにしています。

 ちなみに、よさこい祭りの経済効果は約100億円ですので県民にとってはありがたいことです。

 知り合いの大工さんは地方車6台の製作の依頼を受け、連日午後10時まで頑張っています。

f:id:kalubo:20190801163635p:plain

             地方車(高知市観光協会より)
 


log.supintendent.work

 

 

【米の日韓仲介】ホワイト国カードが温存でき絶妙のタイミング

 新聞各紙の報道によると、アメリカのポンペオ国務長官は、ASEAN地域フォーラム出席のためバンコクに向かう機内で同行記者団に対し、

◎ 両国はすばらしいパートナー国だ。前進する道を見つけるよう勧める予定だ
◎ 両国にとって望ましい落としどころが見つかるよう手助けができれば、それは米国にとっても明確に重要なことだ

 と述べたとされています。

f:id:kalubo:20190731173116p:plain

バンコクに出発するポンペオ米国務長官(ロイターより)

 さらに、日米韓3カ国の外相会談も調整しているとのことです。

 

一方韓国では前日、政権与党の共に民主党李海チャン代表が 

日本は別れることはできない隣国だ。感情があってもうまく鎮めて共存しなければならない

 

と述べ、文喜相国会議長も

葛藤がこのような形で大きくなって命を懸けてやれば、共倒れしてしまうという考えだ

とあれほどまで強硬だった二人が、大きくトーンダウンしています。

 

    これからみると、このときは既にアメリカとの協議ができていた可能性があります。

もちろん日本との協議も行われていると思われます。

そうすると、

日韓両国が一定期間は新たな対抗措置を取らない「休止協定」

が成立する可能性があります。

 

 日本としても、韓国のホワイト国除外のカードを切れば、後には大きなカードがなくなります。

 ホワイト国除外カードを温存し、圧力をかけながら協議するのが効果的で、その意味ではアメリカの仲介は絶妙のタイミングといえるのではないでしょうか。

大船渡、決勝戦で佐々木朗希投手の登板回避~花巻東に大敗

 高校野球岩手県大会決勝戦の大船渡対花巻東戦は全国的に注目されていましたが、大船渡の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)が登板を回避した結果、エンゼルス大谷の出身校である花巻東が12対2で勝ち甲子園出場を決めました。

f:id:kalubo:20190725163800p:plain

応援席に向かって頭を下げる大船渡ナイン(日刊スポーツより)

 佐々木投手は3年間を通じて甲子園に出場できずに終わりました。

 大船渡の監督は、

投げられる状態ではあったかもしれませんが私が判断しました。理由としては故障を防ぐため。

と説明しています。

 確かに将来性豊かな投手で、今年のドラフトで最も注目される選手ですので大事にしたい気持ちはよく分かります。しかし野球はチームプレーで佐々木投手一人でやっているのではありません。他の選手のことも考える必要があります。

 あと一試合で甲子園という時に、他の選手はどのように思ったのでしょうか。

 佐々木投手は試合後涙を流していました。これまで一緒に戦ってきた佐々木投手も投げたかったと思います。

 高校野球で連投がきかない投手が、長いシーズンを戦うプロ野球で通用するとは思えません。

 監督の決断に疑問を感じます。 

 それと、佐々木投手を甲子園で見ることができず本当に残念です。

 

 

静かに進む韓国製品不買の動き

 今日、1カ月半ぶりに散髪に行きました。30数年通う馴染みの理髪店です。

 そこのオーナー兼店長が珍しく、

韓国の今の振る舞いは酷い。おまけに日本製品の不買運動までしている。

 

と話しかけてきました。

f:id:kalubo:20190718222521p:plain

                                    韓国不買運動「めざましテレビ」より

   店長とは磯釣りの話しが主で、時々ゴルフの話しもしますが、政治がらみの話しは30数年一度もしたことがありません。

 その店長がいきなり、韓国との問題を持ち出してきました。

 店長が言うには、

こんなに約束を破ることは信じられない。韓国には約束という言葉、約束という概念がないとしか思えない。おまけに日本製品の不買運動までしている。

と言い、さらに店のお客さんの話しにも言及し、

お客さんの中には、これから韓国人と商談するときは、まず約束を守れるか疑ってかかる。サムソンとLGの製品は絶対買わないという者が多い。

と言っていました。政治には無関心な店長がここまで言うのは信じられないことで、韓国問題がいかに隅々まで感心を持って見られているのか良く分かる出来事です。

 日本人は韓国人と違って感情に走りませんが、静かに反韓(韓国製品不買)が進んでいることを文在寅大統領は理解すべきです。

 もちろん私も、信用の置けない韓国製品は手にするつもりは有りません。